<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

【真夏の湿疹激闘記・蒸しタオル法の威力】

0

     

     

    ・6月末頃、ダニ?による虫さされが 身体の各所に出来る。

     

    ・市販の軟膏を試すも効かず

     

    ・左脚鼠蹊部が特にひどく、ジュクジュクした状態に

     

    ・皮膚科1軒目 軟膏と飲み薬  (効果なし)

     

    ・皮膚科2軒目 軟膏と飲み薬 

     ジュクジュクが止まるが、脚全体が腫れ上がる

     汗腺が膨れあがり、水疱になる。

     強烈なかゆみ、飛び火のように全身に広がる

     

    ・皮膚科 再訪 大学病院への紹介状を出される

     

    ・あまりのかゆさと火傷のような皮膚のタダレにより 

     夜間緊急病院へ。 (飲み薬を処方されるも 効かず)

     

    ・大学病院にて 検査(血液検査 尿検査)

     結果が出る(1週間後)までは処置無し と告げられる

     かゆみをどうにかして欲しいと、抗議すると

     『では、あまり効かない薬(?!)を出しておきましょう』

     と言われ 軟膏と飲み薬を処方。 (本当に効かない)

     

    ・かゆみとタダレはMAX!!

    (見た目は、ヒートテックかぶれにそっくり。閲覧注意!)

     アレルギー症状MAX!!

       普段、大丈夫なものでも全てがかゆい。

      (食器洗剤、シャンプー、日焼け止め、シャワーのお湯、

      ジェルネイル、アロマオイル、アロエの樹液など)何に触れても 

      剣山に触れたような痒みが走り、手に湿疹が出来る(見た目は

      主婦湿疹にそっくり。閲覧注意!)

     

    誰も助けてくれない状態で、精神的に困窮する

     

    ・一週間は自力でなんとかするしかない状態で、苦しみつつ。。

     

    ・ほぼ全ての化繊衣類を廃棄。(唯一テンセルは、痒くないと気づく)

     綿・麻100%のものに転換。シーツも綿・麻100%に。

     

    ・鼠蹊部への刺激を避け、ノーパン生活(!!)もしくはヒモTバックに。

     

    ・鼠蹊部蒸れを避けて剃毛! 

     

    ・とにかく休む。(初めて体調不良でレッスンを休みました)早寝。

     

    ・上記とは逆にいつも通りの仕事をする。

     疲労のピーク時、1度レッスンを休みましたが 次の週はレッスンやボランティア演奏を行いました。

    いつもの生徒さんに会える事、同年代の生徒さん達が親身に心配して声をかけてくれる事がとても嬉しく励みになりました。

    途中で痒くなったらどうしよう?との不安もありましたが 脳が【仕事モード】になっている間だけは症状が治まる(気にならない程度に)のです。わたくしの場合、風邪や花粉症の時期、咳や鼻水が出たらどうしよう?と心配はするのですが、レッスンの最中や演奏中だけは(気が張っていて?)免れる事がほとんどです。一時的なアドレナリン効果?のようなもので抑えているのかもしれません。自分の体力に対して自信を失っている時に、【ともかく数時間だけでも頑張れた】という事実、それ自体が何よりも【自分を励ます勇気づけ】になります。レッスンで生徒さん達と精一杯踊ること。ボランティア演奏で精魂込めて歌うこと。その事自体が、自分にとっての癒しになりました。これは仕事や教室に来てくれる生徒さん方の存在があってこそなので 本当に有難いと、心から思いました。

     

    ・消炎作用のあるスイカを食べまくる

    (スイカが世界一美味しい食べ物に思えて仕方がない状態。甘露の味とはこの事か!!)

     

    ・以前、井本整体の機関紙に掲載されていた

     火傷跡、皮膚のタダレには 【仙骨への熱刺激が良い】

     

     との記述を思い出し 蒸しタオル法を実践。

     少し歩いたり、お湯に触れるだけで猛烈に痒みが出る状態で

     蒸しタオルを試みるのは不安でしたが

     予想に反し、仙骨への蒸しタオルで痒みが出ることはありませんでした。仙骨を温めるだけで なぜか、スゥッと痒みが引くのが実感できました。 また、痒みのせいで眠りが浅くなっていたのが、仙骨を温めた後は、深く眠ることが出来ました。午前2時頃に再度痒くなって目覚める事が多かったのですが もう一度温めると 痒みが引き、眠ることができました。

     

    以上、とにかく自分で出来ることを繰り返すことで

    症状が改善に向かいました。

     

    一週間経った時(7月10日)には、このまま(投薬を受けずに)自然治癒力で回復を目指すことに決めました。

     

    全身の皮膚の状態は、少しずつ(美顔パックを剥がすように、皮膚が脱皮を繰り返す)良くなりました。

     

    ・7月27日、両親の生まれ故郷(瀬戸内海・淡路島)での海水浴も行いました。

     小さい頃から、汗疹の傷やタダレを海で治したのを思い出しました。

     極く短い時間、肌を浸しただけですが(とてもシミてヒリヒリしました)夏の海水で体温を下げる事が心地よく感じられました。翌日には、白い粉を吹いたような肌の状態になり、それがまたポロポロと落ちて 中から綺麗な肌が出てきました(これは、子供時代の海水浴後と同じでした)

     

    ・8月2日 

     深刻な湿疹をきっかけに、約1ヶ月間、生活を見直し、自然治癒力改善を図りました。

     この事で、思わぬ副次効果が出ました。 

     症状が改善し、痒みに気を取られることなく 久しぶりに鏡を眺めると・・

     顔のシミ、シワが減り 日に日に増えていた白髪の増殖がストップしているのがわかりました。

     

     

     

    以上、1ヶ月に亘る 湿疹激闘記でした。

    今も症状は少し残っていますが、養生を続けて完治を目指します。

    酷暑の中、皮膚科の診療を渡り歩き、

    やっとたどりついた 大学病院にて 検査(血液検査 尿検査)結果が出る(1週間後)までは処置無し  と、告げられた時には 

     

    自分は何て運が悪いのだろう!

     

    と、思いましたが。

     

    実際には

     

    この一週間が 自分の生活を見直し、自然治癒力を信じる

    ための運命の期間になりました。

     

    自然治癒力を高める 井本整体の 蒸しタオル法の本、

     

    たった5分で体が変わる すごい熱刺激

     

    心身の不調に悩んでおられる方へ。

     

    自分自身の体験から・心から推薦いたします。

    あっけないほど シンプルな方法ですが、驚くほど効果的です。

    どうぞご一読ください。そしてぜひ一度、蒸しタオルをお試しになってくださいね。


     

     

     

     

          

     

     

    ゆき姐さん * 武道家の嫁(太氣拳尚武館) * 16:18 * comments(0) * -

    【4月の太氣拳尚武館神戸支部活動】

    0

      【4月の太氣拳尚武館神戸支部活動】

       

      ・22日 10時〜16時 太氣拳セミナー

      https://www.facebook.com/events/146840652805238/

       

      ・28日 10時 神戸新聞カルチャー 立禅体験会

      http://k-cc.jp/Course/Detail/01/20358011

       

      ・28日 15時 神戸新聞カルチャー 太氣拳体験会

      http://k-cc.jp/Course/Detail/01/22352011

       

      ・29日 10時〜12時 神戸灘区にて 屋外立禅会

      http://d.hatena.ne.jp/superbody/20180429/1522983526

       

       

      皆さまとの出会いを楽しみに、心からお待ちしております。

      ゆき姐さん * 武道家の嫁(太氣拳尚武館) * 12:07 * comments(0) * -

      The Report of The Gassyuku (Training Camp) of Taiki-Ken Japan 2017

      0

        ゆき姐さん * 武道家の嫁(太氣拳尚武館) * 21:09 * comments(0) * -

        太氣拳尚武館稽古会日誌 2月23日編

        0

          【太氣拳尚武館稽古会日誌 2月23日編】


          金曜日の宇都宮稽古会に参加しました。

          いつもの準備体操に加えて 上肢纏絲功 を実施しました。
          ・肩部(肩井、湧泉、中丹田のつながりを意識する)
          ・肘部(曲池、湧泉、中丹田のつながりを意識する)
          ・腕部(手首の回転。中国では、腕と表記して 手首のことだそうです。 回転の際、手首の空間的位置が概ね固定していることが大切)

           

          腕部纏絲において【回転の際、手首の空間的位置が概ね固定していること】 を意識すると、身体全体(肩、肩甲骨、を伝わって股関節、仙骨部を通過し、足底に到る)に、大きな流れが現れます。これを大切にし、胯から足底にかけて 大きな木ネジが地面にねじ込んでいくような感覚を得ます。

          稽古本編では、纏絲功で得た【木ネジ感覚】を武的な動作の中に応用する推手を教わりました。 纏絲功は現在では 経絡を整える養生法として保存されていますが 武の意味合いを再考、検証していく たいへん興味深い稽古でした。ありがとうございました。

           

           

          <太氣拳尚武館>
          大人から始められる脳力開発型実践武道:http://taikiken-tochigi.jp/
          太氣拳通教・DVD教材のお申込は:http://taikishimamura.cart.fc2.com/
          お問合せ:http://my.formman.com/form/pc/AntTny9AIWHChfRQ/

           

          <尚武館主催のイベント>
          ・屋外立禅会&太氣拳講習会 in 神戸 3/18(日):別途アナウンスします
          ・武道格闘技交流組手稽古会(栃木):
          3/25(日)の予定。詳細決定後に別途アナウンスします

          #立禅 #グラウンディング #軸を作る #マインドフルネス #心身一如#生涯武道 #生涯現役

           

          ゆき姐さん * 武道家の嫁(太氣拳尚武館) * 16:02 * comments(0) * -

          11月23日(木・祝日)、東京・多摩地区にて 太氣拳尚武館主催の太氣拳オープンセミナー

          0

            11月23日(木・祝日)、東京・多摩地区にて 太氣拳尚武館主催の太氣拳オープンセミナーを開催いたします。島村尚武師範(錬士五段)による直接指導です。東京地区では初の開催。DVD販売もあり。武道初心者から、伸び悩みを感じている方まで。どなたでもお越しくださいhttp://d.hatena.ne.jp/superbody/20171122/1506562292 #太氣拳尚武館

             



             

            ゆき姐さん * 武道家の嫁(太氣拳尚武館) * 10:32 * comments(0) * -
            このページの先頭へ