<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

10月15日(日)小山市【ジャズと映画音楽】をテーマに気軽な公民館ライブです。

0

    ジャズと映画音楽をテーマに生演奏で唄います

     

    10月15日(日) 14時〜15時30分

     

    小山市城南市民交流センター ゆめまち 2階音楽室にて

    (小山市東城南4丁目1−12)

     

    問合せ電話 070-3964-6537

     

    参加費1000円

     


     歌と司会   高天原ゆき(タカアマハラユキ)

     神戸市出身。多摩美術大学芸術学科卒。

     幼少期より、大のジャズファンの父の影響でジャズ三昧。

     芸能学とヴォイストレーニングを武田梵声に師事

     現在在住の 栃木県と、故郷神戸でライブ活動中

     ブログ http://yukineesan.jugem.jp/

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ピアノ 沢本明男

    5歳からクラシックピアノを習い、

    大学のジャズ音楽サークルに入ったのをきっかけにジャズピアノを始め、

    本田竹曠氏に師事をしてから今に至る。

    最近では関東一円のライブ演奏、パーティー等の演奏を行っている。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    【曲目】

    ・Somewhere Over The Rainbow

    ・My Favorite Things

    ・Moon River

    ・As Time Goes By

     

    など。。。 演奏サンプルはこちら

     

    懐かしい映画音楽をお洒落なジャズアレンジでお聴かせします。

    どなたでもお気軽に、ご来場くださいませ!

     

     


     

     

     

    ゆき姐さん * 歌をうたうこと。 * 10:14 * comments(0) * -

    9月17日(日)第14回 童謡唱歌を唄う【すみれの会】を開催します

    0

      9月17日(日)開催の童謡唱歌を唄う【すみれの会】で採用の曲をウクレレ弾語りしました。

       

      昭和22年の名曲、『浜千鳥』です。

       

       

      すみれの会は、参加型のプログラムです。
      当日はピアニスト簗木純夫先生によるグランドピアノ伴奏で皆一緒に歌いますよ。

       

      『第14回・童謡唱歌を唄う・すみれの会』


      9月17日(日) 13時半から15時半
      小山城南市民交流センター市民交流センターゆめまち多目的ルームにて。
      (小山市東城南4丁目1−12)

       

      ・司会進行 高天原ゆき

      ・ピアノ伴奏 簗木純夫(宇都宮短期大学音楽学部ピアノ科講師)


      ブログ http://yukineesan.jugem.jp/
      問合せ電話 070-3964-6537
      参加費1000円


      ・予約不要。どなたでもお気軽に、ご参加くださいませ!
      ・すみれ先生こと簗木純夫先生によるグランドピアノ伴奏に合わせて、

       参加者全員で懐かしい童謡唱歌を唄います。初秋の曲をたくさん唄いましょう。


      【9月の曲目】
      里の秋、虫の声、紅葉、十五夜お月、砂山、誰もいない海 など。
      簗木純夫(宇都宮短期大学音楽学部ピアノ科講師)による
      ピアノソロ名曲演奏コーナーあり。

       

       

       

       

       


       

       

      9月のレパートリーより

       

      日本の叙情歌 『砂山』(北原白秋作詞・山田耕筰作曲)

      ゆき姐さん * 歌をうたうこと。 * 08:28 * comments(0) * -

      Jazz Vocal Yuki の 高音質・サンプル音源 【When you wish upon a star】【That's Life】

      0

        【When you wish upon a star】

         

        Vocal & Ukulele  高天原ゆき

        Piano 沢本明男

        Bass  上野直

        録音 沢本明男 (2017年 7月録音)

         

         

         

         

         

         

         

        【That's Life】

         

        Vocal  高天原ゆき

        Piano 沢本明男

        Bass  上野直

        録音 沢本明男 (2017年 7月録音)

         

         

        【10月15日(日)わたくし、歌います!ジャズと映画音楽の生演奏】
        http://yukineesan.jugem.jp/?eid=189

         

         

         

        ゆき姐さん * 歌をうたうこと。 * 08:27 * comments(0) * -

        歌詞不要論について。 Jazz Vocal Yuki 『The Shadow of Your Smile』を唄いました

        0

          以下のような記事を書いた事があります。

           

          以前、とある高名ジャズピアニストさんに『日本人リスナーは(英語の)歌詞の内容なんか聴いてないんだからさ、サウンドを面白くする事を考えてればいいのさ。』と、諭されたものですが、わたくしはそうは思いませんね。唄っている瞬間は無心であっても、やはり歌詞の示している世界をよくイメージするのが歌手の職分だと考えています 。(ここまで)

           

          最近読んだ、ジャズギター演奏者の方のブログ(バークレー音楽院でジャズを学び、ジャズ演奏家暦10年以上)

          にも

           

          《 10年以上やってきて、歌詞を眺めた事なんか一度もなかった。だって、誰もそんな事言わないし。 》

           

          という お言葉。 

           

          日本では。。 ジャズの器楽奏者は、歌詞が持っている世界観には興味がないのが普通

           

          の、ようだと知り、残念に思いました。

           

          歌詞が不要って、つまり 歌手が不要 の発想に近くないですかね? 

           

           

           

          さてさて。。

           

          10月15日の 映画音楽とジャズ をテーマにしたライブに向けて

          映画で使用された スタンダードジャズを 重点的におさらい中です。

           

          映画 『いそしぎ』(1965年・エリザベス・テイラー主演)の主題歌

           

          『 The Shadow of Your Smile 』 です。

           

          歌詞について、わたくしはちょっと思い違いをしていたようで。

           

          Shadow of your smile  を、 あなたの微笑みに含まれた影 = 翳りのある笑顔の人 だったのかなぁ。

           

          と、考えていたのですが。 最近、和訳テキストを確認すると Shadow = 面影 と訳されていました。

           

          翳りのある笑顔 だったのではなくて、 本当に幸せだった時の満面の笑み のイメージで良いのか!

           

          と、思うと、この曲が好きになりました。

           

          I will be remembering 

          The shadow of your smile    

           

          の箇所も、暖かい気持ちで歌えます。

           

           

           

          【10月15日(日)わたくし、歌います!ジャズと映画音楽の生演奏】
          http://yukineesan.jugem.jp/?eid=189

           

          ゆき姐さん * 歌をうたうこと。 * 11:55 * comments(0) * -

          10月の【ジャズと映画音楽の生演奏】に向けて

          0

            昨日も、10月の【ジャズと映画音楽の生演奏】に向けてDVD予習をしました。

             

            ・ヒッチコック監督の『知りすぎていた男』(主題歌:ケセラセラ)

             

             

             

             

            ヒッチコック監督の画面は、密度が濃く計算されていてとても見応えがありました。俳優選びの造形力も明快です(殺し屋はどう見ても殺し屋な風貌。刑事はいかにも刑事。イギリス首相はそれに相応しく。名優揃いなのでしょうね)アルバートホールでの演奏シーンもとてもゴージャスで素敵でした。

             

             

             

             

            ・石原裕次郎主演『夜霧よ今夜もありがとう』(歌名同じ)

             

             

            『夜霧よ』の方は、その元ネタの『カサブランカ』を先に観ていたので、どうも二番煎じな感じを受けてしまって。。楽しめなかったかも。。(カサブランカの)イングリットバーグマン同様、『主演女優さんの顔アップ』が何度もありました。イングリットバーグマンは、(どこを触ったのかがわからないくらいの)素顔風のメイクアップの女優で、彼女自身の 素の存在感 でアピールする女優です。なので、浅丘ルリ子さんの 見た目と演技の作り込み 振りとの違いには 何とも《路線が違う》感じを強く受けてしまいました。 ※浅丘ルリ子さんも、素敵な女優さんです!!

             

             

            さて

             

            わたくしの9月、10月、地元小山市での歌活動は

            どちらも 小山市城南市民交流センターにて。

            予約不要。気楽な会ですので、どうぞお越しくださいね。

             

             

            【9月17日(日)童謡唱歌・抒情歌を唄う・参加型プログラム・すみれの会】

            http://yukineesan.jugem.jp/?eid=188

             

            【10月15日(日)私、歌います!ジャズと映画音楽の生演奏】

             

            http://yukineesan.jugem.jp/?eid=189

            ゆき姐さん * 歌をうたうこと。 * 11:35 * comments(0) * -
            このページの先頭へ