<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 太氣拳尚武館館長の名物コラム『ゴンフー論−3』 本来清明の恒体に復するとは。。。 | main | 日本気功養生学研究会 定例総会に参加しました。 >>

就労支援センターで【立禅講座】開催しました(レポート)

0

    佐野市の「就労支援センター風の丘」さま 主催の就労セミナーにて、立禅講座を開催しました。

     

    ・ 参加者数 20名(男性10名 女性10名)

     

    ・ 実施時間 90分 

     

      前半 は全体練習

      後半 は【養生コース】 【武道コース】に分けました。

     

      わたくしは、前半と後半の養生コースの指導を担当しました。

     

     

    指導内容

     

    前半  ・スワイショウ

        ・上肢纏絲功

        ・腹前会合

        ・揉球功

        ・無極トウ

        ・収功

     

    後半  ・五禽戯の鹿

        ・下肢纏絲功

        ・放松功左右陰陽  

        ・六字訣

        ・収功

     

     

    開始前に施設長さんからのご紹介があり、参加者さまに対して

     

    『人類が長い時間をかけて醸造してきた叡智としての武道 及び 内功法

    の一端に触れ(外付けでは無く)自らの内奥に潜むつよさに目覚めて欲しい』

     

    と、講話くださった事に たいへんに感激しました。

     

     

    【参加者ご感想】

     

    ・足裏が温かくなった (男性)

     

    ・頭痛が消えてすっきりした (女性)

     

    ・手のひら(労宮)に氣感が出て驚いた (女性)

     

    ・いつもは、他人と一緒に立っているだけで大汗をかく娘が、普通に皆と同じメニューをこなせた(通所さんの母)

     

    ・体力に自信が無い人が多く、無理かと思ったが90分のメニューを全員がこなせて驚いた (施設長)

     

    ・自分の肩があまりにも硬いので驚いた (職員・女性)

     

     

    【わたくしの感想】

     

    職員、保護者さんも交えて とても真剣に取組んでくださり 効果をあげる事ができました。

    みなさまの 集中力が場の力になるのを感じました。

     

     

     

     

    <太氣拳尚武館の活動です>
    大人から始められる脳力開発型実践武道:http://taikiken-tochigi.jp/
    太氣拳通教・DVD教材のお申込は:http://taikishimamura.cart.fc2.com/
    お問合せ:http://my.formman.com/form/pc/AntTny9AIWHChfRQ/

     

    <尚武館主催のイベントです>
    4/23(日)「太氣拳一日講習会 in 神戸」:https://www.facebook.com/events/1838392143110274/

    #立禅 #グラウンディング #軸を作る #マインドフルネス #心身一如#生涯武道 #生涯現役

     

     

     

    グラウンディング(ブレないココロを作る)立禅シリーズ】

    クヨクヨ・イライラしない。自分軸を作る立禅の動画バックナンバー

    グラウンディング立禅の解説集

     

     

    ※シェア・拡散は大歓迎です

    ※立禅体験会、プライベートレッスン承ります。ご興味あればどうぞご連絡くださいませ。

     

     

    【4月22日、28日、29日 小山早朝立禅会】
    http://yukineesan.jugem.jp/?eid=59

     

     

    電話 07039646537

     

    太氣拳尚武館所属 立禅ナビゲーター 高天原ゆき

     

     

     

     

     

     

     

    ゆき姐さん * 立禅ナビゲーター * 21:26 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ