<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【動画】グラウンディング(ブレない心をつくる)立禅WEB講座20日目 | main | 【動画】グラウンディング(ブレない心をつくる)立禅WEB講座21日目 >>

【解説】グラウンディング立禅の無料動画レッスン、21日間コース内容解説集

0

     

    グラウンディング(ブレない心をつくる)立禅

    毎日のルーティンメニュー(20分間コース)内容


     

    ・上肢纏絲功(YouTube解説動画あり) 三種 手首・肩・ひじ  

     

    ・スワイショウ (YouTube解説動画あり)

     

    ・足首・膝裏・腸腰筋を整える (YouTube解説動画あり)

     

    ・自然站立 (YouTube解説動画あり)

     

    ・放松功左右陰陽 (YouTube解説動画あり)

     グラウンディング(ブレない心をつくる)の要。生根の動きです。 一見、単純に見える動作ですが。。心を落ち着ける効果は強力です。

      医療現場(精神医療)でも長期にわたって採用されている技法です。

     

    ・収功

     

     

      実践にあたっては 身体部位を示す経絡用語 

     

    ※ 湧泉・会陰・丹田(前丹・中丹)・肩井・曲池 等が出てきます。

      各自でご確認くださいませ。

     

    ※ 立つ姿勢・基本的な立ち方については 立禅を学ぶ #垂撑勢 #基本の立ち方 を参考にしてください。

     

    ※ どの練功も 意守丹田 (臍の奥:中丹田を常に感じている)の状態で実施します。

     

     

     

    ※立禅とは その名称通り、立って行う禅。瞑想法、気功法とも言えます。

    特別な道具などは不要で、まずは静かに立つ事から始まる、誰でも実践できるシンプルな健身法です。

    元々は、太氣拳(たいきけん)という武術の中の【最も重要な】鍛練法ですが、

    一般向け養生法としての効果(ストレスの軽減、集中力や免疫力のアップなど)も高く、

    注目されています。自分でできるシンプルな健康法、ストレスマネジメントとして 立禅をお勧めします。

     

    立禅会ホームページ https://rituzenkai.jimdo.com/

     

     

    立禅ナビゲーターと一緒に

    グラウンディンク(ブレない心を作る)立禅。

     

    Facebookライブ動画機能を用いて(無料)超初心者20分コースを21日間配信しました

     

    バックナンバーはこちら

     

    動画に合わせて ぜひ立禅の気持ち良さを味わってください。

     

     

    立禅の中でも 

     

    ・超初心者向き

    ・年齢経験性別を問わず実施できる

    ・気持ち良さが味わえる

    ・生根(心身を安定させる)

     

    メニューを選んでいます。

     

    こんな方にオススメです。

     

    ・気持ちが くよくよ、イライラしやすい。

    ・悩み事がある。

    ・ストレスに強くなりたい

    ・肩こり、首や目の疲れ、倦怠感を改善したい

     

    ・1日20分を21日間継続 (毎日のメニューは、ほぼ同じです)

     

    ヒトは3週間、同じ事を続けると、その事が習慣化されます。

    これから立禅を生活の中に取入れる。

    超初心者さんのお手伝いを21日間いたしますよ。

    毎日わたくしと一緒にメニューをこなしましょうね。

     

    グラウンディング立禅WEBにて体験21日間コース

    立禅ナビゲーター 高天原ゆき のFacebookタイムラインにて

    ライブ動画配信中です

     

     

     

    グラウディング立禅・1日目です!

     

     

    1月28日(土)小山市にて早朝立禅体験会

    http://yukineesan.jugem.jp/?day=20161229

    ゆき姐さん * 立禅ナビゲーター * 16:05 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ